忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

熱伝導の時間逆転バージョン

板を炎で熱するとそこから熱が周りに広がっていきますが、時間を逆転させるとどう見えるでしょうか?デモを作ってみました。


熱が集まる

遊び方

[時間逆転]:チェックを入れると時間の方向が逆になります。

[リセット]:熱が全て消えます。

マウスでクリック:熱を加えます。たぶんボールがぶつかってきて、その運動エネルギーが熱に変化したのでしょう。

※赤いタイルは熱く、青いタイルはマイナスの温度(!)です。本来そんなものは生じないはずなのですが、板に衝突し熱エネルギーを与えたボールまでプログラムに含めないと、こういうわけのわからないものが出てきてしまいます。正しいシミュレーションなら、熱が一点に集まった後、その熱はちょうど板に触れていたボールに集まり、ボールの運動エネルギーに変化しすっ飛んでいくはずなのですが、私はそこまできちんとプログラムを書かなかったのです。

拍手[0回]

PR