忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

タイムパラドックスを回避するため決定論的システムに行く確率

タイムマシンで過去に戻りまだ子供のおじいさんを殺してしまうことは、パラレルワールドでもない限り不可能なはずですが、ではどのようにしてタイムパラドックスは解消されるのでしょう?一見、一番起こりやすそうな奇跡(過去に戻ったが不審な見かけのため逮捕された)だけが起きパラドックスが解消されそうですが、じっさいは、ある程度ばらつきがあります。一見ありえないように思えること(銃弾がおじいさんに当たる直前に消滅した、おじいさんが3日後蘇った、など)も、起きる確率は0ではありません。何もしなくても100%タイムパラドックスが回避できるルートと、奇跡が起きなければタイムパラドックスが回避できない危険なルートがあったとして、前者が選ばれる確率は、後者に比べれば高いものの、100%ではないのです。


拍手[0回]

PR



数あてゲーム

1から20までの数字を当てるゲームをするとします。これは答えを知っている人とプレイヤーの二人で行い、プレイヤーは何回かyes/noで答えられる質問して数を当てるのです。ここで考えるのは、どういう質問をするのが一番効率よく答えを絞りこめるのか?です。


拍手[0回]


おどろき

エントロピーにはさまざまな解釈が可能です。エントロピーとは時間が経つと大きくなる何かであり、観測者が無知だと大きくなる何かでもあります。ここでは、おどろきぐあいの期待値としてのエントロピーを考えます。


拍手[0回]