忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて



ブラウン運動の世界線

最近時間逆転ランダムウォークのプログラムをたくさん書いていますが、逆転していない普通のランダムウォークはあまり扱っていないことに気が付きました。そこで現実世界のランダムウォークっぽい現象であるブラウン運動のシミュレーションを書いてみます。分子が衝突してランダムな軌跡を描くのです。


拍手[0回]


ポテンシャルエネルギーで遊ぼう!

基本的に、ボールが速ければ速いほど大きいのがエネルギーですが、ボールが止まっていてもエネルギーが大きい状態というのがありえます。高層ビルの屋上からボールを落としたら、最初は止まっていても落ちる頃にはすごい速度になっているでしょう。つまり高い場所にあるボールには一見エネルギーがないように思えても、潜在的なエネルギーがあるわけです。この潜在的なエネルギー(ポテンシャルエネルギー)で遊べるシミュレーションを書きました。


拍手[0回]