忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

時間逆転の確率(1次元のランダムウォーク)

パンを食べる人が犯罪者である確率は低いですが、犯罪者がパンを食べる確率はかなり高いです。同様に、時間逆転した物体は通常の物体とは違う確率で動くようになります。ボールを地面にぶつけると運動エネルギーは熱に変わって拡散していきますが、時間逆転すると熱エネルギーが偶然(!)一点に集中してボールを上に跳ね上げることになります。こんなことは通常起こりえませんが、時間逆転した世界でなら容易に起こりえることなのです。


拍手[0回]

PR




ボルツマンの悪魔

ピーター・W・アトキンスの『エントロピーと秩序』第4章「無秩序さの定量化」を参考に、ボルツマンの悪魔というシミュレーションを書いてみました(マクスウェルの悪魔ではありません)。粒子が拡散すると様々な状態を取れるようになり、無秩序さが増える様子を見ることができます。


拍手[0回]