忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

ランダムウォークの対消滅 一番単純なケース

物質と反物質がぶつかると両方消滅します。ではランダムウォークする粒子で対消滅する様子をかんたんにシミュレーションしてみましょう。


時間方向に引き返す

解説

このプログラムは物質(緑)と反物質(紫)がぶつかり対消滅する様子を表しています。両者は完全にランダムな動きをしているので、いつぶつかるのかはわかりません(もしかするといつまでもぶつからないのかもしれません)。一度ぶつかると、両者はこの世界から消滅します。

私達から見ると消滅したように見えますが、考え方によっては消滅していないともみなせます。つまり、緑色と紫の線は一つの物質で、単に時間の進む方向を折り返しただけだとも考えられなくもないのです。

拍手[0回]

PR