忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

インフィニティーホテルのゴミ回収の逆バージョン

インフィニティーホテルでは単にゴミを移動することによりゴミを無に帰すことが可能です。ではこの逆の操作をすれば無からゴミが出てくるのでしょうか?理屈としてはそうなってもおかしくありませんが、必ずゴミが出てくるとは限りません。このページではその様子をシミュレートします。


特異点くじ

操作方法

[特異点から受け取る]ボタン:無から何かを受け取ります。

解説

無限の部屋をもつホテルではゴミの別の部屋への移動を繰り返すだけで世界から抹消することができます。たんなる移動だけでゴミが無に帰すのです。なら、逆方向に移動すれば、無からゴミが出てくるのでしょうか?理屈としては出てきてもおかしくありませんが、出てくるのがゴミである保証はどこにもありません。どの部屋もより大きい部屋番号の部屋から何かを受け取るだけで、本当にゴミを生み出す部屋は存在しないからです。「どこでもないところ」から「何か」がやってくるかもしれない、としか言えません。故スティーブン・ホーキングが言ったように、「裸の特異点(「何か」がやってくる「どこでもないところ」を表す物理学者の用語)」からは「テレビが出てきてもおかしくない」のです。このようななんでもありになってしまう概念は、物理学者からは批判されています。未来を予測するのが科学なのに、予測不可能になってしまうからです。

拍手[0回]

PR