忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

ヒュームの法則ゾンビ化する

ヒュームの法則とは、「~である」から「~すべき」は導けない、とする原理です。これは「~」が「○○人は被差別民族なので迫害するべきだ」だったらたしかに納得できます。しかしそもそも人が「~すべき」と判断するのは脳の状態による物理的な計算プロセスの結果であり、「~である」と無関係であるわけがありません。洞窟に住んでいる原始人がいきなり「チョコレートの食べ過ぎには注意すべきである」と言い出すわけがないのは、彼または彼女の脳にはそもそもチョコレートなどという概念をコードする神経回路が存在しないからです。ヒュームの法則は明らかに間違いです。しかしこれを元に実りある考察を広げることはできます。「~である」と「~すべき」とは本当はどういう意味なのでしょう?


拍手[0回]

PR


電気の代わりに情報でエネルギーを送る

私たちは電線に電気を通して各家庭にエネルギーを送っていますが、電気の代わりに純粋な情報でエネルギーを配ることはできないでしょうか?なにしろ、<マクスウェルの悪魔>は情報をエネルギーに変換する機械なのです。<マクスウェルの悪魔>はエネルギーを生み出す部分と、エネルギーをそれ以上に消費する部分とに分かれていますが、その2つのパーツを繋ぐのは情報の流れだけです。ということは、片方を発電所に、もう片方を一般家庭に設置すれば、情報を伝えることによってエネルギーを送ることが可能なはずです。


拍手[0回]


擬似タイムトラベル

量子コンピュータの研究者セス・ロイドは、光をつかってタイムトラベルのシミュレートする実験を行いました。タイムマシンがなくても、タイムトラベルしているかのような現象を現実に起こすことが出来るのです。というわけで、私も自分なりにタイムトラベルしている「かのような」現象について考えてみます。


拍手[0回]