忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて




世界五分前仮説と中国語の部屋

世界五分前仮説と中国語の部屋は間違っている!!

この記事では有名な次のふたつを否定しようと思います。
一つ目は世界五分前仮説。
「この世界は五分前に作られた。五分より前の全人類の記憶は全て偽物」という仮説です。
ラッセルは本気でこんな事を言ったわけではありませんが。
多くの人は「これはおかしいが否定することも出来ない」と誤って考えています。
違います。
否定は可能です。

もう一つは中国語の部屋です。
「ある部屋(中に人がいる)が中国語を理解しているかどうかなど、外から見てもわからない。その部屋は一見中国語を理解しているかのように見えるが、内部ではマニュアルを見ているだけだから本当は理解していないのかもしれない。一見した理解など何の気休めにもならない」というものです。
こちらはすでに多くの批判にさらされていますが、とどめを刺す作業の助けとなればと思います。


拍手[0回]


人間は宇宙の本当の物理法則に辿り着けるのか

物理学の進歩

これまで物理学は何回か革命を起こしてきました。
人間の宇宙観はそのたびに変わってきたのです。
あるときはニュートン力学が相対論や量子論によって覆されました。
「物理学はもうこれで完璧だろう」というようなことを物理学者が言ったすぐ後に、物理学上の革命が起こったりです。

進歩は好ましいことですが、逆にこう考える人もいるかも知れません。
「このまま本当に正解にたどり着けるのだろうか?
いつまでたっても不完全な理論しかわからず、単に精度の良い理論が導き出されるだけにすぎないのではないだろうか?
人間は永遠に本当の物理法則にはたどり着けないのではないだろうか?」

この宇宙がコンピュータ中のシミュレーションだった場合

この不安はある程度までは正しいです。
もし私たちの宇宙が別の上位宇宙のコンピュータだったと考えてみて下さい。
(その可能性は完全には否定できません。
そうだと考えなければならない理由もありませんが)

もし宇宙がプログラムなら、ハードウェアは一体どうなっているのでしょう?
メーカーによってコンピュータのアーキテクチャは違うでしょう。
にも関わらず本質的には同じなので、内部(私たちの宇宙)からは、プロセッサのアーキテクチャは全くわからないのです。

私達がコンピュータでシミュレートした生命体に知性が芽生えたとしても、彼らは自分たちの宇宙がどのCPUメーカーによってシミュレートしているかなんてわかりません。
もちろん、私たちの宇宙の物理法則なんてさっぱりわからないでしょう。
そういう意味で、私達の宇宙がシミュレーションなら、「本当の物理法則」にはたどり着きようが無いように思えるかもしれません。

「本当の物理法則」とは何か

しかしそれは杞憂です。
実は、私達の宇宙のプログラムを当てることができたら(さらに言えば、そこまで正確でなくても同等のプログラムを言い当てることが出来れば)、それを実行しているCPUのアーキテクチャがわからなくても「本当の物理法則」を見つけられたことになるのです。
どういうことか詳しく見て行きましょう。

※ここから先は議論を簡単にするために宇宙が決定論であると仮定して話します。
これは量子論でのベルの不等式の破れと矛盾するように思えるかもしれません。
しかし1999ノーベル物理学賞受賞のヘラールト・トホーフトらも決定論的な量子力学を諦めていないので早まってはいけません!
それに実のところ、決定論だろうとそうでなかろうと、この議論の真偽にはあまり関係ありません。

私達の宇宙が決定論的プログラムで動いているとします。
するとアーキテクチャが違う複数のコンピュータで走らせた場合、それでもそれらの宇宙は全く同じ様子になります。
さて、あるコンピュータの中で誰かが「この宇宙を走らせているハードウェアはこんな構造に違いない!」と言ったとしましょう。
どうなるでしょうか?

もしその科学者の言っていることが正解だったとしましょう。
だからなんだというのでしょうか?
全然偉くありません。
どうせ他のコンピュータでもその科学者は全く同じ事を言っているのです。
そしてほかのコンピュータのアーキテクチャは違っているので、その科学者は不正解となります。

お分かりいただけたでしょうか。
宇宙がプログラムだった場合、ハードウェアのアーキテクチャにまで言及することは意味がありません。
コンピュータのアーキテクチャの種類が多ければ、どうせ「真の物理法則の予想」は正しく、かつ間違っているのです。
宇宙の内部から真実を知ることが出来ないのではなく、一つの確実な真実というものが存在しないのです。

本当にハードウェアの予測に意味が無いのか

本当に予測に意味が無いのかと考える人もいるでしょう。
もしこの宇宙のプログラマが私達を外の世界に出して働かせようとしたら?
それなら私達を実行しているプロセッサのアーキテクチャについて知ることは有意義だと考えることも出来ると思われるかもしれません。

しかしそれはやはり違います。
そのケースでは外の世界の情報を入れているからです。
外の世界の情報を入れた場合、その宇宙の物理法則は壊れてしまいます。
きっと月かどこかにモノリスをいきなり具現化して、そこに「君たちはシミュレーションだ」と表面に刻むのです。
そんなことは本来の物理法則では起こるはずがありません。
物理法則が壊れるという言い方がまずいなら、より大きな物理法則に取り込まれてしまうといってもいいでしょう。
(宇宙を実行しているコンピュータのプログラマの世界からすれば物理法則は壊れていないのですから)

物理法則が壊れてしまう前と後では話が全く違います。
壊れていない宇宙が本物であり、上位宇宙のプログラマから干渉されて法則を破壊された宇宙は別物なのです。
物理法則が壊れてしまったのに、本物の物理法則がどうこう言っても仕方ありません。
だいたい、干渉されていない、別のコンピュータ中で実行されている、宇宙のインスタンスだってあるはずです。
そのまま全く干渉されずに永遠に実行される宇宙だってあるでしょう。
その場合は、彼らは上位宇宙の存在など知ることはないでしょう。

つまりどういうことか

結局、もし観測結果と矛盾せず、一つの万物の理論を作ることに成功した場合、それが真実なのです。
それが本当の物理法則であり、「その下に更になにかメカニズムがあるかも」と考えるのは意味がありません。
私達の宇宙は別の宇宙Aで実行されているプログラムかもしれませんし、また別の宇宙Bで実行されているプログラムかもしれませんし、その両方かもしれません。
どれか1つ答えを出したとしても、決して正解することはないのです。
正確に言えば、正解したとしても同時に不正解でもある、ですが。
ならばもう上位宇宙の物理法則などというものを考えること自体が無意味だといえるでしょう。

もっと言うと、上位宇宙などがなくても、たとえば私達の宇宙の内部から「本当の」物理法則が見つからない仕掛けになっていた場合も、それ以上考える必要はありません。
(内部にいる人間レベルのAIからその世界の仕組みがわからないようにするプログラムを書くことは可能でしょう)

最後に教訓めいたことを言いますが、つまり人間は、真実に辿り着けるのです!!!!!!

拍手[0回]