忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて

プログラムの時間を自由に切り貼りする

SF小説『順列都市』には、主人公のポールが脳をスキャンして意識を持ったソフトウェアになり、自分自身を逆向きに実行させ時間を遡るシーンがあります。どう考えてもそれは不可能なように思えるのですが、本当にそうでしょうか?ここでは、十分に強力なコンピュータがあればそれは可能であることを示します。


拍手[0回]

PR

分子1つからエネルギーを取り出す

十分な知識があれば、一見エネルギーがないようにみえるものからでも自由に使えるエネルギーを取り出せることがあります。旧石器時代には不可能でしたが、現代ではウランから実用レベルでエネルギーを取り出せます。では分子1つからエネルギーを取り出すことを考えてみましょう。


拍手[0回]



おどろき

エントロピーにはさまざまな解釈が可能です。エントロピーとは時間が経つと大きくなる何かであり、観測者が無知だと大きくなる何かでもあります。ここでは、おどろきぐあいの期待値としてのエントロピーを考えます。


拍手[0回]


イカサマコインの創発

はじめは公正なコインだったのに、次第に確率が歪んでくるという現象はありえるでしょうか?もしかってに確率が歪むのならイカサマコインは自然発生するということになります。もちろん、銃の砲身が曲がって思った場所に飛ばなくなるという現象はありそうなので、コインでも同じことが起こっても不思議ではありません。しかし私の理想としては、単なる経年劣化ではなく、コインのゆがみがさらなるゆがみを引き起こしてほしいのです。もしかすると、粘土のようなやわからかい物質でコインを作れば可能かもしれません。


拍手[0回]