忍者ブログ

Memeplexes

プログラミング、3DCGとその他いろいろについて




ヒュームの法則ゾンビ化する

ヒュームの法則とは、「~である」から「~すべき」は導けない、とする原理です。これは「~」が「○○人は被差別民族なので迫害するべきだ」だったらたしかに納得できます。しかしそもそも人が「~すべき」と判断するのは脳の状態による物理的な計算プロセスの結果であり、「~である」と無関係であるわけがありません。洞窟に住んでいる原始人がいきなり「チョコレートの食べ過ぎには注意すべきである」と言い出すわけがないのは、彼または彼女の脳にはそもそもチョコレートなどという概念をコードする神経回路が存在しないからです。ヒュームの法則は明らかに間違いです。しかしこれを元に実りある考察を広げることはできます。「~である」と「~すべき」とは本当はどういう意味なのでしょう?


拍手[0回]